自然農をお手本に。よこや農園ブログ

福岡県宗像市発、 旬菜直売~よこや農園のブログです!! 無農薬野菜の栽培、販売、宅配をおこなっています!!

九州・山口有機農業の祭典に参加してきました!②

time 2017/02/01

九州・山口有機農業の祭典に参加してきました!②

今回も引き続き、1月28日(土)、29日(日)の二日間、山口県で開催された「第24回 九州・山口有機農業の祭典in山口」の紹介をさせて頂きたいと思います。

前回の記事の基調講演が終わって、次は会場を五つに分けての分科会が行われました。
それぞれが、好きな会を選んで参加出来る仕組みです。

分科会のテーマは、
・有機の農商工連携に向けて
・食育について
・経営的視点からみた有機農業
・新規就農者の育成と対策
・暮らしと自給
という五つのラインアップです。

広くテーマを取ってくれていると思います。ですので、有機農業に少しでも興味のある方であればどなたでも一つは参加したいテーマがあるのではないでしょうか。

分科会:新規就農者の育成と定着.JPG

私は、「新規就農者の育成と対策」の分科会に参加しました。
画像はその様子です。参加者は20名程で、割合少なめでした。

隣で行なわれていた「暮らしと自給」の分科会は、同じ大きさの会場に人がパンパンに入って大人気でした。

発表者の方がまず発表をして、その後質疑応答を行なうという形で進行しました。
私の分科会の発表者は、広島のよしわ有機農園の福田裕充農場長と、かごしま有機生産組合の大和田世志人代表でした。
かごしま有機生産組合は、私がかつて在籍しておりました。その大和田代表のお話が久しぶりに聞けるので、私は迷わずこの分科会を選びました。



みちょってみやんせ 南九州から有機生活―かごしま有機生産組合20年の提案


発表は、それぞれの団体が今まで行なって来られた新規農業者の育成過程を報告されて、今後の課題をいくつか挙げられる形でした。
私のような家族経営の者でも非常に興味深く聞く事ができたと思います。

この祭典は、基本的にはどなたでも参加可能です。九州で有機農業を志されている方で参加されたことの無い方は、是非参加してみられることをおススメします。
有機農業界の有力な経営者の方々のお話を、こんなにこじんまりとした場で聞く事が出来るというのは大変貴重だと思います。

私が発表を聞いて印象に残ったのは、
・どんな風に新規就農したい方がいるのか?
→最近は農的暮らしを楽しみたい方や自然農法をしたいと言って就農したいかたが増えている。

・青年就農給付金(青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、就農前の研修期間(2年以内)及び経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保する給付金)について
→果たしてこの給付金の給付期間が終わったときに、何人の新規就農者が残ってくれるのだろうか?

この辺りが印象的でした。

分科会が終わると、待ちに待った(笑)懇親会です。
毎年参加されている方は、九州山口の各地の方々と一年ぶりの再会を楽しまれます。
初めての参加の方も、各地の有機農家さんや業者さんと触れ合うことができます。

来年は福岡開催です。
興味のある方は是非参加してみられてください!!
それでは今日はこの辺で。最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

日々の畑の様子

栽培履歴(種子、苗使用情報)

農作業アイテム

本のレビュー(農業)

日記

ベランダ菜園

失敗メモ

小ワザ集

店頭販売

支柱立て

料理

猪レポート

玉ねぎを鍛えてみる

種について

草との向き合い方



sponsored link

UA-85290241-1