自然農をお手本に。よこや農園ブログ

福岡県宗像市発、 旬菜直売~よこや農園のブログです!! 無農薬野菜の栽培、販売、宅配をおこなっています!!

我が家のベランダ菜園の紹介です(2016年、冬)

time 2016/12/03

我が家のベランダ菜園の紹介です(2016年、冬)

今日は我が家のベランダ菜園を紹介しようと思います。菜園用のスペースを、育苗、種採り、自家用野菜の栽培に使っております。
玉ねぎ苗.JPG
こちらは今日か明日には植え付けを開始する玉ねぎ苗です。
100本程度の少量の育苗だと、この方法がおススメです。

畑に苗床を作るのと比べてのメリットは、

・いつも近くにあるので面倒を見やすい
・雑草の管理が楽
・1ポットあたり種10粒を散らして蒔けば、間引きの必要がない
と、こんな感じでしょうか。

先週、近くのホームセンターでもこうして売られている玉ねぎ苗を見ました。
来年になりますが、是非試されてみてください。

タイム苗.JPG
こちらはタイムの苗です。
蒔いたのは9月の中旬と下旬の2回です。非常に発芽率が悪く、6ポットしか生き延びさせることができませんでした。

原因は、

・蒔く時期が早かったこと
・種が小さく、種蒔き、水遣りが難しいこと
この2点を見ています。

まず蒔く時期ですが、発芽した苗も最近まであまり生育せず、寒くなってきてから生育を始めています。
ということは、思っていたよりも暑さに弱く、寒さに強い作物なのかなと感じています。

来年は、そら豆の種蒔き時期くらいに合わせて蒔いてみようかと考えています。

種が小さい点ですが、そうなると被せる土の量も少なくなってくる訳です。
それで水遣りをすると、被せた土が飛ばされたり水に持っていかれたりしてしまって種が裸になって直射日光を浴びてしまう…
水遣りには気を使っているほうで、こんな霧吹きを使っています。


蓄圧式噴霧器1000ml 霧吹き スプレー ジョウロ 水やり 10P03Dec16

それでも土を退けてしまうほど、小さい種なんです。

ただ、もう少し気温が下がってから蒔けばもっと発芽させることができたのではないかなと考えています。まぁ、来年ですね。
オクラ種採り用.JPG
こちらは種採り用のオクラです。

どうも畑にそのままにしておくと寒に当たってしまって種が熟す前に腐ってしまう様子なのです。
なので、ベランダにて霜を避けつつ日光で熟させている状態です。

そもそもこんな事をするのは、ギリギリまでオクラを収穫した事に原因があるのかなと思っています。反省、いや教訓、両方ですか。

オクラの原生地は熱帯地方の様なので、種採りも、暑い時期に行った方が安定するのでしょう。
このままいくと来年は種を買い足さないといけなさそうですが、ちゃんと農薬処理されてない種を選んで購入するつもりです。

自家用ネギ、サンチュ.JPG
こちらは自家用の、ネギとサンチュです。
ネギはスーパーで買ったネギの根っこを挿しています。収穫したばかりなので、少ないです。

サンチュは失敗したなと思って混ぜた土から発芽してきてくれたものです。
苗箱も、自然農法状態ですね。苦笑
余談でした。

以上でベランダ菜園の紹介を終わります。ベランダ菜園も季節によって色々景色が違うので、また紹介できればと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

sponsored link

down

コメントする




日々の畑の様子

栽培履歴(種子、苗使用情報)

農作業アイテム

本のレビュー(農業)

日記

ベランダ菜園

失敗メモ

小ワザ集

店頭販売

支柱立て

料理

猪レポート

玉ねぎを鍛えてみる

種について

草との向き合い方



sponsored link

UA-85290241-1