自然農をお手本に。よこや農園ブログ

福岡県宗像市発、 旬菜直売~よこや農園のブログです!! 無農薬野菜の栽培、販売、宅配をおこなっています!!

人の体温で発芽促進!!「催芽(さいが)」作業の紹介です。

time 2017/03/02

人の体温で発芽促進!!「催芽(さいが)」作業の紹介です。

三月に入ってずいぶんと暖かくなってきました。

畑では冬作野菜のとう立ちが始まっています。
中でも菜花とブロッコリーが、花芽に空気が入ってスカスカしてきていたり、茎が筋張ってきていたりと食感が変わってきています。

もう少しで食べられなくなってしまいそうです…

話は変わって、先週から夏作野菜の作付けを始めました。
少し早いですが、この時期からしっかりと作付けできるようになれば、夏作野菜の収穫期間が伸びます。

結果収穫量を増やすことができるので、おそらくほとんどの農家さんが早蒔きを行なっておられると思います。

ただ、この時期の夏野菜の管理は大変です。
まだ寒いですので、発芽、幼苗の管理にはいろいろと気を使っていかなければいけません。

今日はその中でも、よこや農園で行なっている夏野菜の作物の種子の発芽を促進させる「催芽(さいが)」という作業を紹介したいと思います。

夏作の早蒔きはまだ寒さの残る時期に行ないますので、発芽にはいろいろなリスクがあります。

・発芽しない
・発芽しても普段より発芽が遅い
→発芽が揃わない→定着率が悪い。

こんな感じで、普通にやるとボロボロの結果になります。
自然の力には逆らえませんので、対策無しで早蒔きが成功することはまずありえません。

要は、温度管理をその過程毎にしっかりと施すことが大切になるということです。

温めると言えば、踏み込み温床を作ったり、地面に電熱線や電気マットを入れるといった方法があります。

昨年はウチも、電気マットを使って夏作の苗に挑戦しました。


農電園芸マット(ウチ近辺では、ネットで買うより農協で買った方が安かったです。2016年春)

このマットを地面に敷いて、その上にビニールトンネルを作って保温するという方法です。

こういった地面を温める系だとなかなか管理が大変ですので、プロの農家さんや、結構真剣に家庭菜園をされている方しか使えない方法なのではないかと思います。

そこで今年は、もっと手軽に温度管理を出来る方法をいろいろ考えて紹介できればなと考えています。

ここから、人温催芽の紹介になります。

まず一番上の画像なのですが、これはトウガラシの種子を湿ったティッシュの中に包み込んで、さらにそれをラップで包んでいます。

そしてこれを温かい所に保管しておくと発芽促進されるのですが、ウチでは肌身離さず持っておくことで常に保温状態にしています。

下着のシャツのポケットに入れておいたりとか、腹巻の中に入れておくとか、そんな要領です。
ちなみにお風呂の時は普通にどこかに置いておいて、また服を着るときに一緒に身につけてあげればOKです。

一日の中で小一時間程度冷ましてしまうくらいならそんなに問題は無いです。

4~5日そうして温めます…

すると、このように発芽します。

こうなると新芽はとてもデリケートですので、すぐに用意しているポットや苗床にそっと蒔きます。

ちなみに、その時にまだ芽が出ていない種子ももう蒔いてしまってOKです。
理想は、3割程の種子から芽が出た頃に全て蒔いてしまうことのようです。

ですので画像の状態くらいがなかなか良い感じなのです。

土は2~3ミリ程度に薄くかけ、水やりは霧吹き等で土を動かさないようにそっと行ないます。


ウチではこの手押しの蓄圧式霧吹きを使っています。楽で、安いです。

今回はトウガラシの種子で紹介しましたが、この方法は特にナス科の種子で有効だと思います。
ナスとか、ピーマンとかですね。

ナス科でもトマト系は少し寒さに強い感じですのでウチでは三月中旬くらいに催芽無しで蒔いてしまいます。

ウチは野菜しか作りませんのでこれくらいですが、花の種蒔きなんかではもっと応用が効いてくるのではないでしょうか。

その後も暖かくなるまで温度管理は続きますが、今回の「催芽」の紹介はこの辺りにしておきます。

~~
こういった形でベランダ菜園(育苗所??)がスタートしました。
今期はあまり大掛かりな道具を使用せず、身近な自宅のベランダでじっくり育苗することにしました。

ですので農家さんよりも、ベランダ菜園家の方々の方が情報を共有し易いかもしれません。

また経過と温度管理の様子を紹介出来ればと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!!




sponsored link

down

コメントする




日々の畑の様子

栽培履歴(種子、苗使用情報)

農作業アイテム

本のレビュー(農業)

日記

ベランダ菜園

失敗メモ

小ワザ集

店頭販売

支柱立て

料理

猪レポート

玉ねぎを鍛えてみる

種について

草との向き合い方



sponsored link

UA-85290241-1