読書のおかげで何とかやれてます。

福岡の一地方で音楽教室を運営しながら、何とか家族4人で生活しています。このブログでは、そんな私が今まで読んで為になった本や、おススメの新着本の紹介をしていきます。

9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方 藤澤重樹 【感想・書評・レビュー】

time 2019/05/14

9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方 藤澤重樹 【感想・書評・レビュー】

初めてアトピーの本のレビューをしますので、
まず私のアトピー歴をお話しておきますね。

私は幼い頃からずっとアトピーで、
皮膚科のステロイド軟膏と抗ヒスタミン剤の服用に
お世話になり始めたのは高校生の頃からです。

ただ、多分中学生の頃くらいからと思いますが、
液体ムヒで痒みが抑えられることに気付き多用しておりました。

後から調べると、どうもその中にステロイドが含まれていた様で、
私のステロイドデビューは私の知らないうちに始まっていた模様です。

ここからは箇条書きで。

26歳~30歳までの約4年間、
一時薬を全て止める事が出来るもまたもアトピー発症で薬再開。

3年前、脱サラと同時にまたも薬を止め始め、約3ヶ月で完全にストップ。

以来ずっと一切の薬は使っておらずも、アトピーの状況は一進一退。

この間、断食(3日断食を1度。1日断食を10度程。
朝食抜きの半日断食は今も継続中。)、
(オメガ6主体の油と魚類を除く動物性油脂)絶ちを実行。

今年2月末より急に状況が悪化。

就寝前からの強烈な痒みによる日常的な睡眠不足に陥る。
掻き傷の増加によってか日常的な寒気に悩まされる。
日常的に増えたかさぶたが剥がれるようになり、
部屋は粉だらけ。(寝起き時の布団の上は特に酷い。)

3月上旬には顔全体と耳が腫れ、3~4日間膿が出続ける

さすがにこの顔を見せる訳にいかず、経営している音楽教室を1週間休む。

その再開時に、アトピーのお子さんを持つ2人のお母さんから
それは「脱ステロイド症状」であると聞かされる。

そこで、「脱ステロイド症状」についてネットで色々調べてみたのですが、
どうもどの記事もぼんやりしていて納得が得られず、
Amazonでレビューを参考に数冊購入した中の1冊がこの本です。


9割の医者が知らない 正しいアトピーの治し方

字が大きくて読み易く、1~2時間程で読み終えることが出来ました。

今までアトピーの本は沢山読んできましたが、
この本はステロイドと保湿を今すぐ全て止めて、
何もしないでおけばアトピーは良くなると言う、
そういった主張がまず飛び込んできます。

そして、ステロイド治療、保湿がどう良くないのか?

それを止めて、日常生活のどの辺りを気を付ければ良いのか?

薬を止める事でどんな症状が出るのか?

簡単に要約すると、こんな事が書かれております。

この本を読んでの私の変化ですが、

一、毎日お風呂に入っていたのが月1~2度しか入らなくなる

一、どうせゆっくり治っていくと開き直り、
痒いときは思い切って掻くことにした

一、睡眠不足で昼夜逆転して落ち込んでいましたが
気にしなくなり、眠れる時間を大事にするようになる

と、こんな感じです。

私の「脱ステロイド症状」発症時の睡眠不足、寒気、
組織液の滲出(しんしゅつ)、落屑(らくせつ)等は本の中で説明されてあり、
安心することが出来たのを覚えています。

帯に、「ステロイド」を今使っている人も、
使おうか迷っている人も、
必ず読んでください。

と書かれております。

これには私も同意します。
是非読んで頂きたいです。

ただ、何もしないからと言って何事も無く終わるのかと言ったら
それは間違いであるのは今までこの記事を
お読み下さった方ならお分かり頂けると思います。

本にも書かれておりますが、厳しいリバウンドの時期が待っています。

その為にどんな準備をすれば良いのか?
周りの方々の協力も必要だし、どんな医師に協力して貰えば良いのか

この辺りも書かれています。

これからステロイドを始める方も、
止めたくなったらどんな苦労があるのか
一度確認してから初めて頂きたいです。

そんな私もまだ「脱ステロイド症状」が終わった訳ではなく、
現在は発症より2ヶ月半経過しています。

現状、昼夜逆転が治って睡眠時間を取り戻す事が出来ています。

痒みもピークを過ぎていますが、
これは別に食事療法を取り入れている事が大きいです。

寒気、組織液の滲出は無くなりました

落屑は減りましたが、まだ続いています。

ゆっくりと状況は改善されていますが、
まだまだ先は長いのかな~?という感じです。

今後も色んなアトピーの本をレビューしながら、
現状も皆さんに報告出来たらと思います。

それと、こんな状態をしっかりと支えてくれている妻には
感謝の気持ちでいっぱいです。

掻き毟(むし)る姿や毎日の落屑等、沢山見苦しい姿を見せておりますが、
「苦しい時はお互い様」と言って洗濯や掃除をしてくれている事は頭が下がります。

それでは今回はこの辺で。



sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ビジネス書

農園ブログ



sponsored link

UA-85290241-1