G-CTYGYK026J

病院と生涯縁の無い暮らしをしたいギター弾き

そんな暮らしを目指した食生活の紹介と、ギターを教えて食っているのでその中で役立ちそうなことも。

予防医学巡りの旅in関東(虫歯を治す食生活とは??)

calendar

こんなご時世ですが思い切って、
先週1泊2日で行ってまいりました!!

病院と縁の無い暮らしをするために、
病院に行く矛盾...。苦笑

まぁ、予防の為に病院に行くのは
OKということで...。

初日はさいたま県比企郡ときがわ町にある、
「抜かない削らない歯医者さん、
小峰歯科医院」に行ってきました。

おそらく日本ではこの方が、
予防歯科のパイオニアなのではないでしょうか??



医院は想像と違って普通の平屋建てでした。
(2~3階建てのビルを想像してました💦)

親知らずが少し痛むのですが、
小峰先生の著書を読んでも対処方が分からず、 
かと言って他の医院は大阪しか紹介して頂けなかったので、
 それなら総本山(笑)へと。 




他にも週刊誌の危ない薬の記事の
切り抜きや、子供向け漫画には
日本の近代予防医学のパイオニア、
真弓定夫氏の作品が沢山でした。





家を8時過ぎに出て、歯科到着が16時前です。
片道8時間www

虫歯と歯周病、唾液のPH、神経残存の検査を受けて、
虫歯に軽く詰め物(ドックベスト)をした後に
カウンセリングを受けました。

私の通常時の唾液のPHは7.1でした。
先生と同じPHという事で、
虫歯になりにくい体質であると診断されました。
6.8以上だとなりやすいとのことでした。

「歯医者に行かなかったら今の虫歯も無かったんだけどね...。」
と、先生は意味深な事をおっしゃいましたが、
私には理解できました。

今後の虫歯対策として...

まず、歯磨きは意味がないので
しなくて良いと言われました。

いきなり、普通の方には衝撃ですよね。

私は歯磨きに対しては、
歯磨き粉の使用は止めてもう5年は経つと思います。
何の本を読んで止めたのかを忘れてしまいましたが...。

歯磨きの回数も、多い時は毎食後にしていましたが、
最近は1日1回するかしないかだったので、
「やはりか。」と言う感じでした。

その代わりに、砂糖他、糖分を完全に断っています。
これは1年ほど前からです。

そして生野菜、果物を沢山食べることミネラルを沢山摂る
という事を言われました。

果物に関しては、平常時の唾液の
PHが関係するようです。
先程の話で、PHの高い方は注意が必要なようです。

そして、

血糖値をゆっくり上げる体質を作る

ことが大切であるとのことで...

1、ベジファースト(野菜から食べる)

2、早食いを避ける

3、お腹が空いてもスグに食べない

と3点のアドバイスを頂きました。

1は完全に盲点でした。

2はですね、気を付けることも
ありますが、おそらく私は早食いな方です。
改めて気を付けなくてはと思いました。

3は、私は1日2食なのでOKかと思いきや...

先生「本当は1日1食がBESTなんだけどね~。」

私「1食だとすぐお腹一杯になって、
あまり入らなくないですか?」

先生「そうかなぁ。1食体質になれば大丈夫だと思うよ。
何かに夢中になってる時とか、全然お腹が減らない
経験したことあるでしょう?だから本当は食べなくて
良い時にも食べてるんですよ。
ドイツ人は1日1食が多いんです。」

なるほど。
という訳で私、帰ってきてからは
1日1食生活にチェンジしております。
また他の記事に詳しく書こうと思います。
現在6日目ですが、そんなに辛くなくやれてます。

次に歯周病になりやすい体質と診断されました。
私は上の前歯が1本、神経を抜いて
差し歯になっているのですが、
この影響で腎臓の病気に
なりやすくなってしまっているとのこと。それで20代の頃に腎臓結石が頻発したのかと驚きました。

将来透析生活になるリスクが高いとのことで、
肉断ち
を薦められました。

これも「やはりか...。」という感じでした。
先生の著作でも言われてるしな~と。



先生「肉食や乳製品はガンになりやすいです。
小魚も良くないです。」

ふむふむ、著作通りの事をおっしゃっています。

カルシウムは良いとよく宣伝されてますが、
あれはキャンペーンであるとの事。

先生「カルシウムを出すために
マグネシウムを摂りましょう。」とも。

出汁は昆布やカツオ、椎茸から。
海藻やナッツを沢山食べましょう⇒マグネシウム。

という事でした。

マグネシウムは完全な盲点でした。
今後気を付けようと思いました。

先生「歯が痛い時は炭水化物を完全に断てば
じきに治まります。炭水化物は唯一の
虫歯菌へのエサですからね。」

なるほどでした。

早速試してみようと。

先生「親知らずは絶対抜いたらダメです!
抜いたら全ての病気にかかりやすくなります!」

親知らずを死ぬまで維持したい為にここまで来たのです。
さらなる生活改善をして、頑張ろうと思いました。

あとは最近流行の感染症の話を伺いました。

ちょっとこの会話はヤバかったので、
書くのは止めておこうと思います。
気になる方は、直接診療に行かれて下さい。

帰りながらの感想ですが、食生活は沢山
改善の余地有りで、良い収穫になったなと。
あとは小峰先生のお仕事振りを見て、どんな方にも
この治療(指導?)をされている訳なのです。

保険診療もされているとの事でしたので
全て同じではないのだとは思いますが、
食事面や歯を削ること、抜くことの
デメリットは必ず言われるでしょう。

これを何年も続けられている先生の姿を
想像して、感動しておりました。

交通費往復約2万円、
診療費2万円。
お高い旅ですが、来て良かったな~と。

次の日はは東京でもう一件、
予防医学の検査を受けましたので、
次回に書きたいと思います!!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

調味料にこだわり始める 塩編
1日2食、ランチは軽め。いつも使っている味噌のお話。

folder どんな暮らし??

病院と生涯縁の無い暮らしとは??
more...

folder 講演会

池田としえさんの講演会vol.2
2009年に流行った新型インフルエンザの話
more...

folder 農園ブログ

畑の様子をアップします。9/21夕
more...

folder 農家時代

あなたの本業は何なの?~独立から1年半で思うこと~
イノシシへの挑戦。~往(い)なす~
自然農なのに鶏糞を使うワケ。~イノシシ被害からの発見~
more...

folder 食生活

調味料にこだわり始める 塩編
予防医学巡りの旅in関東(虫歯を治す食生活とは??)
1日2食、ランチは軽め。いつも使っている味噌のお話。
more...